忍者ブログ
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
或いはそれは夜の女王
例えるならば、それは魔性



白い肌は絹のよう
靡く髪は黒檀のよう

弧を引く笑みは柘榴の実
射抜く瞳は零下の瞳




満月の夜にざわざわと
新月の夜にじわじわと

蜘蛛のように忍び寄り
絡めたものは離さない



すなわち、それは




例えるならば———










「———魔女だ。」
「なんですって?」
伏せていた瞼をあげて、早夜子はスクエアへと言葉を返した。
平日の、客も疎らな喫茶小夜曲。耳にできる音といえば、ささやかに流れていた有線の音楽と、グラスが擦れる僅かな硬質音。
その、或は静寂ともいえる空間を割いたスクエアの声は、余りにも意外な、そして唐突なものであった。

「いや。」

心地よい音楽と、唇を濡らすその液体と、なによりカウンターに佇むその女の存在の所為であろう。
物思いに耽っていたスクエアは、その思考が無意識に口をついて出ていた事に気付き、思わず口角を引き上げて含み笑いを零した。

「何、この世で二番目に良い女の話さ。」

いまいちスクエアの思惑が読み取れない早夜子は、僅かに柳眉を顰める。
もっとも、もとより彼は唐突に何か思わしげな事を呟く人間であった。しかし、今日のそれは、何時にも増して、真意が掴めない。
小夜子は、その断片的な言葉の意味を理解する事を諦めて、もう一つの疑問へと問いをかえしてみた。

「………一番目は、じゃあ、誰なの?」


「……さあな。」

スクエアは、ぶっきらぼうに言葉を吐いて、煙草の先に火を灯した。
じり。微かに紙と、乾燥した葉が燃える音が耳に届く。
早夜子はそこで、問いただすことを諦めた。







ふ。




紫煙が小夜曲の、空に、舞う。
PR
拍手する
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
山高さんの小説で
夜の女王
という表現があったのが非常に悶えたので、 悶えた勢いで書いたSS。
色々間違っててすみません。
Mr.スクエア、及び早夜子さん。 改悪してしまってすみませんでした…!
sheena 2008/10/26(Sun)01:44:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 手ブロ HOME キャラ紹介 >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/23 ももこ]
[10/26 sheena]
最新記事
(08/04)
(07/30)
(03/02)
(02/28)
(02/06)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sheena
性別:
女性
自己紹介:
pixiv内企画、ぴく悪について
駄文を連ねたりするブログ。
基本的に遅筆。
ブログ内検索
最古記事
(10/19)
(10/19)
(10/20)
(10/24)
(10/26)
アクセス解析
Template by Crimson Road
忍者ブログ [PR]